2020/09/13

地テシ:169 ノックノックス「照らす」配信上演! の巻

9/9に開催されました「浦カチ」YouTubeライブでは沢山のご視聴ありがとうございました。「浦島さん」と「カチカチ山」それぞれの主役である福士蒼汰さんと宮野真守さんをお迎えして、作品の見どころなどを語って頂きました。それにしても二人は仲がいいなぁ。二年後の「神州無頼街」も楽しみです。
同日に全公演の配信チケットも発売されております。配信のチケットは「PIA LIVE STREAM」というプラットフォームでの販売となりますが、通常のチケットと同様の手軽さでお買い求め頂けます。詳しくはこちらをご覧下さいませ。

さて、そんなワケで10月には「浦カチ」の本番が、久しぶりの舞台本番が、待ちに待った舞台本番があるのですが、同じく10月にさらにもう一つ、舞台に立てることになりました!

ノックノックス「照らす」はヤストミフルタさんによる作・演出・作曲の五人芝居です。しかも生演奏付き。10/31(土)夜7時からの一度きりの配信上演です。
無観客配信公演ですので、全国どこからでもご視聴頂けます。チケットの購入方法などはノックノックス公式HPをご覧下さいませ。視聴チケットの発売は上記の公式HPにて10/3(土)19時からですよ!

初めての団体、初めての作・演出とのタッグではありますが、ノックノックスさんのこれまでの舞台ではミュージシャンによる演奏や、幻燈という特殊な映像表現、また舞台を彩る多くの植物など、通常の演劇という枠にとらわれない個性的な集団だと伺っております。今作もヤストミさんならではの優しさあふれた作品になると思います。
また、初めての出演とはいえ、出演者の中には藤谷みきさんや江戸川じゅん兵さんなど旧知の方もおられますので、リラックスした気分で臨みたいと思います。

参考として、作・ヤストミフルタさん、出演・藤谷みきさんによります、可愛らしい人形劇を貼っておきますね。



この春夏、数多くの演劇(を含めたイベント全体)が中止や延期を余儀なくされてきましたが、秋が近づくにつれて様々な団体が新たな挑戦に動き始めました。演劇舞台公演が今後どうなっていくのか、まだまだ不透明ではありますが、それぞれの団体の新たな挑戦に未来を感じて頂きたいと思います。



2020/09/06

地テシ:168 浦カチYouTubeライブ! の巻

ここしばらく毎週水曜日の夜に行われておりますドナ禁キャス「リクツナイト」。9/2(水)には古地図を見られるとても便利な某サイトを見ながら、東京の昔と今を比較してご紹介いたしました。喋るネタはいくらでもありますが、地図や歴史に興味の無い方には面白くなかったかもしれません。
次回の「リクツナイト」は来週水曜日の9/9は飛ばして、9/16(水)の22時開催の予定です。9/9近辺は川下さんも私も忙しいためです。二人とも10月には公演がありますからね、色々と忙しいのですよ。


で、何故して9/9に忙しいのかって話ですよ。気になりますよね。いや、気にならなくても告知してしまいます。
9/9(水)の20時からYouTube新感線チャンネルを間借りして「浦カチ」YouTubeライブ会見を行うのですが、それに私も出演いたします! 「浦島さん」と「カチカチ山」、それぞれの主演であります福士蒼汰さんと宮野真守さんと共に、「浦カチ」について語ります。羽野晶紀さんと井上小百合さんもVTR出演なさいます。無料配信ですのでどなたでもご視聴可能です。

本来ならばこの秋には、福士さんと宮野さんのダブル主演による「神州無頼街」を上演するはずでしたが、公演が再来年に延期されてしまったために急遽企画されたこの企画。いつもの大人数によるスペクタクルなアクション活劇超大作を封印し、いつにない少人数によるシンプルな御伽話会話劇短編という、今だからできること、今だからこそやってみたいことをお送りしたいと思います。



9/4に誕生日を迎えた中谷さとみさんのナレーションでお送りするこの動画のコピーである「これは、今の物語。おそらくは、君においても。」の通り、誰もが知る御伽話をベースに太宰治が諧謔を込めて再構成した物語を、倉持裕さんと青木豪さんという当代きってのクセモノ作家が更にリライトするという、まさに今の時代に即した物語になっております。もはや御伽話を元にした新作です。とても興味深い作品になっておりますのでゼヒ。全ステージオンライン配信もありますよ。一般発売は本日から!

そうそう、動画といえば私の作った「まこトラベル」第二回も貼っておきましょう。



こんな動画が作れた余裕のある日々ではなく、今は久しぶりの稽古に通いながら余裕のない日々と演劇ができる喜びを感じております。いやあ、少人数芝居だからセリフが多い多い! 大変な日々ではありますが、そんな新しい日常の大事なスパイスになるような作品を目指しておりますので、どうぞご期待下さいませ。チケットと詳細については公式から。来週の水曜日は「リクツナイト」ではなくYouTubeライブでお会い致しましょう!